相談

忍び寄る病魔の正体を暴こう|心筋梗塞の様々な治療方法

治癒が難しいがん

病棟

体の痛みを軽く見ない

すい臓がんはすい臓に生じた、又は他の部位から転移して生じたがんです。体の中心部分あたりにある内臓の一種なので、すい臓がんになるとお腹が痛くなると思われがちですが、すい臓がんでは腹痛の他に背中に痛みがあることが特徴です。そのため、腹痛と背中の痛みがあったら放置せずに検査を受けることが大切です。また、腹痛という症状はすい臓がんに限らずいろんな病気や精神状態で起こる可能性があります。腹痛は見逃されたり軽視されることが多いので、甘くみないようにした方が良いと思います。すい臓がんでは持続的な腹痛と背中の痛みが起きますが、堪えられる範囲の痛みであることもあります。堪えられる範囲でも持続的に続く場合は、体が何かしらのサインを出してる可能性が考えられます。

がんセンターに名医がいる

治療の際は技術的にも知識的にも優れていて、実績がある医師にお願いしたいと思う人がほとんどです。すい臓がんに於いて名医と呼ばれている医師は、日本にも10人以上存在します。医師により所属している病院は異なりますが、がんセンターなどがん専門の施設に所属している名医もいます。すい臓がんは早期の段階から転移の心配がされるがんで、手術も成功しにくいといわれていましたが、現代ではがんセンターの研究と技術向上により対処や手術が行いやすくなっています。がんセンターではがんの性質や治療について専門的に調べたり、治療の向上を図っている場所なので、すい臓がんの治療を行う時にはがんセンターに所属しているすい臓がんの名医を選ぶ人が多いようです。